MENU

大人ニキビと思春期ニキビの違い

大人ニキビ 画像

ニキビは思春期にできるものとイメージしますが、
大人になってからも悩ませられている方は多いのでは
ないでしょうか。

 

しかも、大人のニキビは治りが悪いですよね。

 

大人ニキビと思春期ニキビはどのような違いが
あるのでしょうか。
違いについてや大人ニキビとはどういうものなのかを
説明していきます。

 

ニキビ対策をする上で、原因や仕組みを知っておくことは
大切ですよ。

 

 

大人ニキビについて

大人ニキビ 画像

 

20歳以上の大人のニキビを「大人ニキビ」といいます。
口まわり、あごのラインにでき繰り返すのが特徴で、治りにくく
跡になりやすい厄介なものです。

 

ニキビが同じ場所に何度もできていると皮膚にダメージがかかり、
ニキビが治っても跡になってしまいます。

 

大人ニキビ 画像

 

また、大人ニキビには種類と段階があります。

 

下へいくほど悪化したニキビです。

 

・白ニキビ
・毛穴の中に皮脂が詰まった黒ニキビ
・毛穴の中で炎症し腫れた赤ニキビ
・赤ニキビの炎症が化膿した黄色ニキビ

 

予防と早めのケアで対策し、跡にならないようにしましょう。

 

 

大人ニキビの主な原因について

 

肌が乾燥している

大人ニキビ 画像

 

肌が乾燥すると角質が厚く硬くなり、大人ニキビを悪化させます。
肌の乾燥はバリア機能の低下にもつながり、毛穴を詰まらせ
角栓ができやすい状態に。

 

また、年齢とともに肌は乾燥しやすいので、ニキビ対策のためにと
洗顔を過剰に行うと、皮脂が必要な分まで落ちて余計に
乾燥し大人ニキビを誘発してしまいます。

 

 

ターンオーバーの乱れ

大人ニキビ 画像

 

肌の新陳代謝サイクルのターンオーバーが乱れると、古い角質が
うまく排出されずに毛穴が古い角質でふさがれます。

 

また、肌に古い角質が蓄積することで角質層全体が
厚くなり、毛穴がさらにつまりやすくなってニキビができやすくなります。

 

ターンオーバーの乱れは主に年齢による代謝の低下や、
喫煙、睡眠不足、ストレス、栄養の偏りです。

 

 

活性酸素

大人ニキビ 画像

 

活性酸素は免疫力を低下させ、アクネ菌の増殖を
ブロックしきれなくなってしまいます。

 

活性酸素が毛穴につまった皮脂を酸化させ、過酸化脂質というものに
変えて肌を刺激し、炎症を起こします。

 

ニキビは炎症を起こすと白血球がアクネ菌の増殖を
抑えに攻撃しますが、この際にまた活性酸素が発生し悪循環に。

 

アクネ菌の増殖は抑えられますが、活性酸素が肌を刺激して
ニキビ跡になりやすくなってしまいます。

 

体内で活性酸素が発生する原因は、紫外線、睡眠不足、ストレス、
喫煙などです。

 

 

ホルモンバランス

大人ニキビ 画像

 

大人ニキビの大きな要因であるホルモンバランスの乱れ。
ホルモンバランスの乱れによってなぜニキビができるのでしょう。

 

男性ホルモンは皮脂の分泌を促す作用があり、必要以上に
分泌された皮脂が毛穴を詰まらせてしまいます。

 

大人ニキビ 画像

 

女性ホルモンはエストロゲン、プロゲステロンという2種類があり、
エストロゲンは皮脂の分泌を抑える効果があるものの、プロゲステロンは
男性ホルモンのように皮脂分泌を促します。

 

生理前に大人ニキビができやすいのは、プロゲステロンが
皮脂分泌を増やしているからと言われているのです。
ただし、詳しいことははっきり解明されていません。

 

 

飲酒、喫煙

大人ニキビ 画像

 

肌の健康や美しさの維持にはビタミンが欠かせません。

 

しかし、飲酒や喫煙でビタミン類を大量に消費すると肌に必要な
分が不足してしまい、肌荒れしやすく大人ニキビの原因になります。

 

 

思春期ニキビとは?

大人ニキビ 画像

 

思春期にできるニキビは、第二次性徴によるホルモンバランスの
変化によるものです。

 

思春期が過ぎればホルモンバランスは整うので、ニキビは落ち着きます。

 

特徴としては脂の出やすいTゾーンによくニキビができます。
大人ニキビの場合は、Uゾーン、フェイスライン、あご、口周り
できやすいのが特徴。

 

 

おわりに

大人ニキビ 画像

 

大人になってからできるニキビは思春期ニキビと違い、
さまざまな要因が入り混じっています。

 

仕事のストレス、飲酒、喫煙、食生活の乱れ、睡眠不足、
加齢、生理前など、複雑ですね。

 

まずは生活習慣を振り返り、大人ニキビの原因について
探ってみましょう。
そこで初めて効果的な対策方法を練ることができるのです。